水素水の効果を徹底検証

医療・美容・スポーツの現場で活用される水素水

医療現場に導入される水素水
~病気と水素水の研究~

現時点で判明している水素水に効果だけでも、20種類以上の疾患・症状があります。そのほとんどが現代人が悩まされている生活習慣病やアレルギー。治療法が確立されていない疾患も含まれているため、水素水が注目されているのです。
なかでも水素水についての学術論文を発表した日本医科大の太田教授は、アルツハイマーと水素水の研究を行っており、動物実験では記憶力が低下したマウスの神経細胞が回復したというデータを発表しています。
また順天堂大学では実際のパーキンソン病患者に水素水を与えるといった臨床実験を行っており、その効果は有用とのこと。その他にも水素水を飲用するだけでなく、水素そのものを吸入する・注射や点滴で投与するなどの方法も実験として行われています。
水素そのものは食品添加物として厚生労働省に認可されているため、基本的に身体にとって害があるものではありません。副作用がなく安全だからこそ、医療現場での臨床実験も盛んに行われているといえます。
アルツハイマーやパーキンソン病以外にも、水素水と病気・疾患にかんする研究として、

  • がん
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • アレルギー性疾患
  • 免疫疾患
  • メタボリック症候群
などが研究対象となっており、学術論文が発表されています。
なぜ水素水がこのような病気に対して効果をはっきするのか?そのメカニズムを「水素水の可能性~医療編~」のページで紐解いてみましょう。
→水素水の可能性~医療編~

女優・モデルが選ぶ水素水
~美容と水素水の関係~

水素水は医療現場だけでなく、エステサロンなど美容業界でも注目が集まっています。近年「サビない」というワードがファッション雑誌や化粧品のうたい文句として使われていますが、まさに「身体がサビる=活性酸素増える」こと。シミやシワを極力作らない若々しい見た目を維持するためにも、活性酸素を除去する必要があるのです。
そもそも活性酸素はストレスによって増えますが、肌にとってのストレスは、紫外線や化粧品に含まれる科学物質などさまざま。これらの肌ストレスが蓄積することで活性酸素も蓄積していくのです。
また水素水は医学的にはメタボリック症候群や肥満の解消に適応できるのではないかと研究が進められていますが、美容業界ではダイエット方法の一つとして注目が集まっています。実際動物実験では食欲が抑えられなくなった肥満のマウスに水素水を飲ませると、エネルギー代謝が上がり、同じ量だけ食べても太らなかったとのこと。しかも内臓脂肪や血糖値も上がらなかったことから、健康的な正しいダイエットが水素水によって叶うのかもしれません。
実際、医療現場よりも早い段階で、エステサロンでは水素水洗顔や水素水パックなど水素水が導入されていますが、その詳細な美容効果は「水素水の可能性~美容編~」で紹介しています。
→水素水の可能性~美容編~

アスリートが選ぶ水素水
~疲労と水素水の関係~

アスリートが水素水を選ぶ理由のひとつに、“筋肉疲労が軽減される”というものがあります。筑波大学では運動後に水素水を摂取する研究を行っており、運動前に水素水を摂取することで、筋肉疲労を軽減または改善するとデータがでています。しかしながらそのメカニズムについてはまだ研究中であり、はっきりとした根拠はないものの、多くのプロアスリートが愛飲していることがある意味水素水のパワーを証明しているのではないでしょうか。
有名どころでは水素水ブームに火をつけたとされるイチローをはじめ、オリンピックに出場した柔道の石井慧選手や鈴木桂治選手、プロゴルファーの丸山茂樹選手など、トップアスリートの方たちが愛飲しているとのこと。またスポーツを楽しむ一般の方たちの間でも、翌日に疲れを残さないために水素水を取り入れている方が増えているようです。

ウォーターサーバー