水素水の効果を徹底検証

水素水とがんの研究

日本人の三大死因を水素水で予防

日本人の三大死因は、がん・心筋梗塞・脳血管疾患と言われ続けてきました。2013年に高齢化に伴い三位が脳血管疾患から肺炎に変わりましたが、がん・心筋梗塞・脳血管疾患はまだまだ完治が難しく致死率の高い病気でしょう。しかしこれらの病気は、もしかすると水素水で予防することができるのではないかと言われているのです。
がんは「悪性新生物」と呼ばれ、私たちの正常な細胞を破壊していきます。もともと人間の細胞内に悪性新生物は存在するといわれていますが、健康体であれば抑制遺伝子が機能するため問題ありません。しかし何らかの原因で抑制遺伝子が機能しなくなると、どんどん悪性新生物が増え、がんになるのではないかと考えられています。そしてその何らかの原因が、“活性酸素”ではないかと研究が進められているのです。

がんの予防にも治療にも活性酸素除去が有用

予防だけでなくがんの治療としても水素水は有用ではないかと言われています。実際そのメカニズムは判明していないものの、水素投与によるがん細胞の抑制・縮小が認められたケースも多く報告されており、解明が急がれているのです。
がんの治療法は大きく手術・抗がん剤の投与・放射線治療の三種類の方法がありますが、そのどれもが副作用を伴います。なかでも副作用が辛いとされる放射線治療や抗がん剤治療ですが、副作用を起こしているものが“活性酸素”だということが判明しています。
がんの発生源が活性酸素であり、がん治療の副作用をもたらすものも活性酸素。つまりは、活性酸素を減らす・無くすことが、がん治療には必要なのではないかと研究が進められているのです。

水素水でがん治療

水素や水素水を抗がん剤投与中の患者に摂取させた実験が複数あります。水素は厚生労働省で認められた添加物のため、副作用がない点が魅力の一つ。実際抗がん剤投与と平行して水素を投与したところ、副作用の軽減が報告されています。
また放射線治療ですが、放射線そのものが活性酸素を増やす原因だということが判明しています。そのため、がんを取り除いてもその原因となる活性酸素を放射線によって増やしてしまうことから、いたちごっことなっている現状があるのです。
しかし医療用の水素豊富水によるがん治療が確立されれば、副作用も転移もないがん治療が行える日が来るのかもしれません。しかも水素分子は非常に小さいことから、これまで外科的手術が困難だった場所のがんにも有用ではないかとされているのです。

ウォーターサーバー