水素水の効果を徹底検証

ペットにも水素水を

人間のような成人病が増えているペットたち

フードの向上や動物病院での定期健診などから、飛躍的に寿命が延びているペットたち。しかしおやつの与えすぎや運動不足などから、人間と変わらない「癌・心臓病・腎臓病」が犬や猫の三大死因となっているのです。
そのため人間同様に水素水を与えることで活性酸素を除去し、これらの病気を未然に防ぐことが可愛いペットたちにも必要。犬や猫に対しての水素水のアプローチや研究は非常に少ないため医学的な研究結果は残念ながら出ていないのですが、動物病院で皮膚炎や腎臓疾患などの犬や猫に水素水を飲ませたり点滴投与したところ、改善効果が見られたという報告があります。
また、人よりも身体が小さことから、改善効果が高いとの研究もあるため、これからもっと研究や現場での投与が進むことが期待されているのです。

ペットにはペット用水素水を!

私たちが飲む水素水を、ペットにそのまま与えて良いわけではありません、人間と動物では身体の構造が違うため、注意が必要なのです。
ペットにミネラルウォーターを与えてはいけないということをご存知の方も多いでしょうが、その理由は水に含まれるミネラルを消化する機能が人よりも劣っているからです。なかでもミネラル分の多い硬水を与えると下痢を起こすほか、腎臓病の犬や猫はナトリウム身体に蓄積してしまうことから、かえって病気を進行させる原因にもなります。そのためペットに与える水素水は、水素濃度はもとより水質が何より重要なのです。
水素水の原水は

  • ろ過された水道水
  • ミネラルウォーター(硬水・軟水)
  • ピュアウォーター(純水)
などがありますが、ペットに与えて良いのはピュアウォーターだけです。特に病気の改善を目的としてペットに与えるのであれば、細菌・ウィルスがきちんと処理されたピュアウォーターをおすすめします。
「水素をペットに与えても大丈夫なの?」と思う方もいるでしょうが、水素は食品添加物として厚生労働省では認められており、摂取しすぎた水素は自然に排出されるため安全です。
実際ピュアウォーターを使用した水素水をペット用として購入・検討している方は非常に多いとのこと。飼い主とペットが一緒に健康を目指すのであれば、ピュアウォーターを原水とした商品がおすすめです。

ウォーターサーバー